CSR

神戸日野自動車の「人と物理的な距離を置くソーシャルディスタンシング」の取り組みについてご紹介します。

新型コロナウイルス感染拡大抑止に関する啓発活動を行うにあたり、 「今は」「特に」推奨されている人と人との物理的距離をおおよそ2m程度保つことをバス・トラックの車幅に見立てたイラスト化したものを用いて発信しております。

弊社としては交通安全で車間距離の重要性を唱えておりますが、弊社の扱う主力商品のトラックとバスの車幅が2m前後ということもあり、社員をイラスト化したものと組み合わせて「ソーシャルディスタンシング」の重要性も併せて社内外へ発信し、 ご利用いただくお客様や弊社への就業を希望されている学生の皆様に向けても発信しております。

弊社は物流・流通に欠かせないトラックの整備を行う販売会社という事もあり、非常事態宣言が出た以降も通常通り営業を行っております。 私たちにできることを整理し、安全にそして物流を陰で支える立場として確実な仕事(整備)を心掛けております。

朝礼でも頻繁に交わされている「感染予防と拡大抑止」に対して全社員で取り組んでいきたいと考えております。

神戸日野自動車は令和元年9月5日に兵庫県公館にて開催された「兵庫県献血功労感謝のつどい」にて銀色有功章を受章しました。

当社は「献血推進団体での活動については15年以上活動を継続した場合に楯式の銀色有功章が贈られる」に該当し、会社を挙げて長年献血に協力していることが評価されました。

医療に欠かすことができない血液を確保するため、そして社員の健康管理のために献血活動に今後も協力していきたいと思います。

CSR活動の一環としてアサヒ写真ニュース社の「朝小ニュースあれこれ」専用掲示板に交通安全標語の入ったキャンペーンプレートを地元向洋小学校へ寄贈する「交通事故防止キャンペーン」企画に参加し、学校からお礼状を頂きました。小学生の皆さんの交通事故防止意識向上に繋がることを願っています。

AED(自動体外式除細動器)の設置

現在弊社では、来訪されるお客様と社員並びに事業所周辺および通行者など万一の事態に備えるよう、6拠点全てにAEDを設置しています。何らかの事情で心停止になった場合でも、速やかに救命活動が行えるように社内講習も実施しています。この活動は社員の声を基に始まり、全社的な運動となったものです。 csr2

地域清掃活動

地域環境美化活動の一環として、定期的に周辺の清掃活動を行っています。 csr1